スポット整理収納サービスの事例紹介|整理ing静岡オフィス

スポット整理収納サービスの事例紹介
「ダイニングにある収納スペース」

収納棚

お客様の声

ダイニングにある収納スペースの整理収納を希望します。

書類や本、キッチンに入りきらない食品、災害備蓄品などが入っています。

書類をわかりやすく整理して、全体的にも出し入れしやすくしたいです。

いったん中のモノを全部取り出し、一つずつ、モノの確認をしていきます。

整理収納アドバイザー

POINT1
軽い箱は開けてよいか伺ってから見てみると、中身がないこともあり、入れ物として取っておきたいとのこと。
このあとも空き箱はたくさん出てきたため、大きいボックスに入る分だけ取っておくことになりました。(最上段)
POINT2
引き出しケースの中には、のし袋がたくさん重なって入っていました。
立てて管理するファイルボックスに移すことにして、引き出しには直接棚に置いてあった開封済お菓子や食品を入れることにしました
POINT3
書類については取っておくべきモノかどうか考え、量を減らした後、ファイルボックス内に個別フォルダーで分類します。
この仕分けは全部やりきれなかったので、その分は次回になります。

【1回目】捨てるモノ以外、全部おさめて終了です。

整理収納

少ししてから再訪問。
使い勝手はいかがでしたか?

お客様の声

本はしょっちゅう読めるように出し入れしやすい所がいいですね。

整理収納アドバイザー 源馬裕子

前回、書類の使いやすさを優先し、よく出し入れする書類を左側から順に配置しました。
このため本は動きの少ない右側の書類の前に置いています。
そちらは扉がじゃまになり、奥の本が見えにくく、出し入れしにくくなっています。
POINT1
今度は左側の書類の前に移動しました。
そのうしろ側の書類は取り出しにくくなりますので、あまり出し入れしない書類が左側になり、良く出し入れする書類は本のない真ん中に置くことで使いやすくなります。
前回やりきれなかった書類の分類と共に移動をしました。
POINT2
これから提出する書類、お知らせのはがきなど、忘れないようにしておきたいモノは他と一目で区別できるように透明のファイルボックスを使用、ここには今年の他の書類も分類して入れるようにしました。
POINT3
のし袋についてはたくさんお持ちでしたので、種類別に半透明ケースに入れ、上からわかるようラベルを貼り、ふくさと共にファイルボックスにおさめました。

ファイリング

POINT4
そして、前回お菓子・食品をいれた引き出し。
今回、キッチンにもあったお菓子をテーブル脇のこの収納内引き出しにまとめました。
お菓子以外の収納内の食品は、大きい箱でキッチンに入らない未開封の贈答品のみこちらに残し、他はキッチンに移動しました。

すべてにラベル貼りして完成です。

ご自分達で少し入れ替えをしたモノもありましたが、今のこの状態でほぼよいということで、すべてにラベルを貼りわかりやすくしました。

整理収納

その後、使ってみての感想をいただきました。

お客様の声

書類の分類がわかりやすく、探し物が減りました!

のし袋も一目でわかり便利です。

ないと困るので漠然と買い足していましたがこんなにあるならしばらく買わなくていいですね。
買い過ぎないように気をつけます。

全体的に使いやすくなって嬉しいです。
この状態を維持していきたいと思います。

整理収納アドバイザーより

整理収納アドバイザー 源馬裕子

普段あまり読まない本は別の所にしまってあり、こちらに置くのは時々見る本、これから読もうとしている本、ということで、上手に区別されていると思いました。

書類は漫然と取っておくと増えるだけになってしまいますので、保存期限を決めて年の変わり目に期限がきたら処分、入れ替えをしていくことで上手く管理できると思います。

空き箱や空き容器は実際どのくらい使われるかで取っておく量の見直しをされるといいでしょう。

費用
・スポット整理収納サービス 2回分合計1人5.5時間
合計30,250円(消費税込)

*収納用品代は含まれません
*書類の仕分けはお客様にもいっしょにやっていただいています。
書類の整理にかかる時間は元の書類の状況や量などにより変わります。

MEMO
整理収納サービス提供地域は静岡県静岡市です。
焼津市・藤枝市・他周辺地域の方はご相談に応じます。

お問い合わせ

スマホから電話する方はこちら

お問い合わせフォームはこちら

mail

有限会社ワイアール